HISTORY | 菓子工房ビルドルセ | スイーツギフト・焼菓子ギフト・無添加おやつのお店

菓子工房ビルドルセ物語

1988年創業の東京小金井の小さな洋菓子店。ショーケースの端にちょこんと並んでいた「カスタードパフ」。地元ではファンも多く、とても美味しいお菓子でした。

1945年創業の小金井の老舗企業・金澤建設の若き後継者たちも大好物で、仕事でもプライベートでもその味を楽しみ、事ある毎にまわりに広めていました。

しかし、お店が2015年で閉店することを突然知ります。「この味を絶やしたくない」でも後を引き継ぐ者がいない。金澤建設の若き後継者達は悩み、そして立ち上がりました。

「だったら自分たちで引き継ごう!」。

土木建築業界とはまるで畑違いのお菓子業界。彼らは試行錯誤を繰り返し、大事なレシピを受け継ぎました。

そして、地元で愛されたお菓子の歴史を私たちの手でこれからも造り続け(ビルド/build/英語)、地元だけでなく全国のみなさまへ美味しいお菓子(ドルセ/dulce/スペイン語)をお届けしたい。

そんな想いを込めて、2015年3月に店舗「菓子工房ビルドルセ(Builddulce)」をスタートしました。新しい後継者による再スタートということで、商品名も「カスタードパフ」から「黄金井パフ」へ改名しました。

小金井にこんな美味しいお菓子がある。自家製カスタードクリームの風味と奇跡のふわふわ食感を、もっと多くの人に楽しんでほしい。その熱い思いを胸に、心を込めて日々お菓子作りに取り組んでおります。